在宅ワーカーはカードローン審査に通るのか?

在宅ワークはいわば自営業者ですね。

特定の企業から特定の委託を受けて仕事をしている場合は、在宅勤務のパートのようなものになりますが・・・

それでも一応個人事業主として確定申告をしたほうがいいでしょう。

カードローンなどを申込む時、自営業者は会社員と違って信用が弱いので、審査に通りにくくなりますが、安定した収入があれば、限度額は少なくなりますが、カードローンは申込できます。

自営業の場合は、確定申告書を提出すれば年収を証明できますので、カードローンを作れるでしょう。

もちろん審査は厳しいですが、少額の限度額であれば、確定申告書があれば通ると思います。

在宅ワーカーは、場合によっては、月々の収入が安定せず、季節要因で変わってくるので、ピンチの時の金欠の対応には、金利の低いカードローンを1つ持っているとかなり助かるはずです。

作れるときに作っておいた方がいいでしょう。
ピンチになってからでは、良い条件では作れません。

カードローンの審査では信用が高いほど審査に通る限度額が大きくなりますし、金利も低く設定されます。

必要ない時に作っておいた方が、いざ必要になった時に助かります。
事業資金には使えませんが、自動車ローンや、住宅ローン教育ローンの支払いにも使えます。

今月は報酬が少ないから、ローンの支払いがきついとか、車検があるとか出費がきつい時に借りることができます。

クレジットカード゛て分割やリボ払いするよりもずっと金利が低く得ですからね。


ページの先頭へ戻る