在宅仕事をする上での留意点

在宅仕事を継続してにこなしてゆくためにぜひ気をつけたい留意点がいくつかあります。
「納期を守る」ということです。これは、社会人として当然のルールであり、常識です。

それともう一つ忘れてならないのは、家族の理解と協力です。

 

 

むしろ、仕事をこなしていくこと以上に重要ポイントといえます。

 

 

なぜなら、在宅仕事をしていくということは、自宅の1室もしくはリビングの一部を占領することになるからです。

 

 

また、納期を厳守するためには、意識的に就業時間を確保していかねばなりませんから、もしも何らかの理由により、納期に間に合わせることが厳しくなってきたという場合は、やむを得ず、家事を後回しにせざるをえない自体も発生する可能性があるのです。

 

 

最初の1〜2回ぐらいは、事前に連絡さえしておけば、発注者も多めに見てくれるということはあるかもしれませんが、これが日常茶飯事となると、さすがに「この人には無理」と判断されてしまう心配もでてくるでしょう。

 

 

家族は関係ないという訳には行きません 特に、超多忙な育児や介護、家事のあいまをぬって時間を保持しなければならない主婦にとっては、夫や子供達の協力や理解は不可欠です。
(場合によってはお姑さんも)

ページの先頭へ戻る