在宅仕事のメリット、デメリット

在宅仕事の最大の魅力といえば、言うまでもなく在宅で空いた時間にお金を稼ぐことができるということですよね〜。
それでは、具体的にどれくらい稼げるんでしょうか?在宅仕事だけで生計がなりたつものなんでしょうか?

その辺を少し掘り下げて考察してみたいと思います。

 

 

まず、PCが使えるようなら、自宅に限らずどこでも仕事ができるというのが、大きな特徴ではありますが、自宅でお金を稼ぐ方法は、何も内職や在宅に限ったことではありません。

 

 

たとえば、ネットオークション、アフィリエイト、ネットビジネス、ドロップシッピングなどなど、ネットで稼ごうと思えば、ほかにもいろんな方法があります。

 

 

ただ、その中で、ほんとに高額収入を得ている人は一部の人間です。

 

 

情報収集やら、宣伝やら、資料送り付けやら、人脈つくりなどなど、さんざん時間とお金をつぎ込んだ割には、懐が豊かになるどころか大損ばかり、という話しはよく聞きます。

 

 

その点、在宅ワークは、相手がよっぽどひどい悪徳会社とか、クライアントというのでない限りは、高額は望めませんが、確実に成果報酬を獲得することが出来ます。

 

 

在宅仕事は、すなわち、やればやったぶんだけ稼げる仕事なんだということがよくご理解いただけましたでしょうか?

 

 

よく考えてみてください。

 

 

たとえば、やってもやってもほとんどお金にならないネットビジネスを繰り返すよりも、1記事数百円でお金をくれる、文章入力などの在宅仕事をしたほうがよっぽど生活の足しになると思いません?

 

 

とどのつまり、在宅仕事なら、あなたに確実に報酬をお約束できますよということです。

 

 

ただし、在宅仕事をするにせよ、内職をするにせよ、必ず納期というものがありますから、ご都合主義だけで好き勝手にやっていても収入がもらえるかというと、そういうわけではありません。

 

 

その点、ほかの仕事にはない厳しさは否定できませんでは、何が楽しくて在宅仕事をやるのでしょうか?

 

 

 1、在宅仕事には、わずらわしい人間関係から開放されます。
 2、人からうるさいことを言われることもなく、マイペースで進行できます。
 3、よって、余計なストレスがありません。

 

 

以上のことから、こういった在宅仕事に向いている人というのは、人間関係が苦手という人とか、なかなか他人とコミュニケーションがうまく取れない人とか、そういったことで職場を転々としているような人ということになりますね。

 

 

あなたはどうですか?

ページの先頭へ戻る