在宅仕事の報酬

在宅仕事の報酬はどのぐらいが相場でしょうか?
在宅仕事で、生計が建てられるぐらいの報酬が必要ならば、素直にプログラマーなど特殊な技能を身につける必要があるでしょう。

データ入力で、年収500万円ぐらいの在宅収入を得るという強者もいますが、家族に手伝ってもらってという条件付のようです。
単純作業で、月10万円以上の収入を在宅の仕事、アルバイトで得るには、相当の作業をこなさなければなりません。
在宅仕事の報酬は、当然安いのが当たり前で、在宅仕事を提供する人の立場に立って見れば分かります。
外注するのは、それだけ安くコストを抑えたいからであって、人を雇って仕事をしてもらうよりも、作業してもらった分だけ支払うという、意味合いがあります。
ですから在宅仕事に出すような場合は、1作業の単価は抑えめで、たくさん作業をしてもらうということになります。
在宅で仕事ができて、報酬がもらえる、いつでね自分の都合で作業できるという仕事を受ける側には大きなメリットがあるわけですから、時給換算の報酬がすくし低くてもそればそれで仕方のないところです。
時給で800円ぐらい稼げる程度の報酬になれば、かなりいい方ではないでしょうか。
もともとある内職などの報酬を知っていれば十分分かると思います。
もちろん、初心者が時給800円程度の報酬になるようなものは殆どないと思います。
在宅仕事の熟練して、相違工夫でそ野ぐらいもっていける程度であるというこどてす。
在宅仕事、在宅アルバイトの報酬なんてそんなものです。
在宅で仕事ができるメリットがあるということだけで、その報酬にあたいしていると考えるべきでしょう。
もちろん貴方に特別なスキルがあれば、別の話で、報酬はもっともっとのび、副収入どころか、本業にもできるものになることもありえることではあります。

ページの先頭へ戻る