在宅仕事の収入

在宅仕事の報酬は果たしてどれくらいもらえるものなのでしょうか?
パートなど、外へ働きに出るような仕事の多くは、時給制で固定給ですから、仕事は安定して常に与えられますし、1時間どんな働きをしても最低給与は保証されます。

しかし、内職・在宅仕事は、請負業ですから、報酬は出来高制です。

 

 

しかもその金額、業務内容の評価など、すべてが依頼主にたくされているため、ほとんどが低収入です。

 

 

発注も安定してあるわけではないのです。

 

 

こちらから発注者と交渉することももちろん可能ですが、現状は、仕事を切られるのを心配して、すべてお任せという方がほとんどです。

 

 

継続的に仕事があるという人は、全体の半数にもいたっていません。その人たちのほとんどが、かつての会社での実績、スキル、技術、知識すべて高いものを兼ね備えている人たちです。

 

 

そして、結婚などの理由でやめて、一度は家庭に入ったものの、会社の上司との信頼関係はがっちりできていたことと、在籍中に会社に大いに貢献していたことなどが幸いして、会社側から求められる形で、
業務委託を開始させた人たちなのです。

 

 

初めから大きな収入を期待して、独立開業するというよりは、ほかの収入源をもちながら、ちょっとした小遣い稼ぎができればいいくらいの、気楽な気持ちで在宅仕事を始められてはどうでしょうか?

ページの先頭へ戻る