パート、在宅アルバイトどっちが良い?

みなさんは、在宅アルバイトに興味はありますか?おそらくかなりの方が、「はーい!」と、手を上げられることでしょう。

それくらい、いまや在宅業務は、生活のなかに深く浸透していることになりますね。

 

 

では、在宅仕事をはじめられた方は、どのようなことがきっかけで、今の仕事に出会ったんでしょうか?

 

 

まあぁ、個人個人によってさまざまかとは思いますが。実際、生活の中では、どのような位置付けがなされているのでしょうか?

 

 

その辺も大変興味深いものがあります。そこで、ちょうど私の良き友人達で、かなり以前から実際に在宅ワークに取り組んでいたグループがいましたので、さりげなく聞いてみたんです。

 

 

彼女達の言い分をまとめるとこうです。

 

 

”もっと自分というものを強く表現できる場がほしかった”。

 

 

なるほど・・・・確かに会社勤務にはない魅力ですよね。

 

 

また、出勤する為の時間的なロスや面倒くささもありませんものね。

 

 

なかには、スキルアップのために独立したという人もいました。

 

 

また、寿退社して家庭に入っていたA子さんは、OL時代にせっかく苦労してとった資格も、今は宝の持ち腐れになってしまっているとため息混じりに語ってくれました。

 

 

在宅仕事は、さらにスキルアップを目指している人たちにとっては、大変魅力的に思えるんでしょう。

 

 

これは、自分を表現するという、先ほどの考え方にも一部重なる部分もあるんですが、自分が好きなことや得意とする分野で、本領を発揮してみたいという人たちも着実に増えてきています。

 

 

そういう人たちは、あえて再就職も転職もせず、独立または開業という道を選んでいきます。

 

 

在宅仕事と一口に言いましても、高度な技術や特殊な知識が必要な分野もあります。

 

 

これらを習得することによって、より大きなスキルアップへつなげることが出来ます。

 

 

在宅仕事をこれら高い知識や技術を習得するための、いわゆる準備期間だと思って業務に励むという選択肢も可能です。

 

 

先述のA子さんは、OL時代は、バリバリのキャリアウーマンでした。

 

 

それが、寿退社という、一見華々し退社をしながら、最初は、社会から取り残されてしまったようで寂しい思いがしたと告白してくれました。

 

 

彼女のように、もう一度社会との密接なつながりがほしくて、在宅仕事をスタートさせる方もいらっしゃるようです。

 

 

また、子育てで、ほとんどの時間を取られてしまっているというC子さんの場合は、なかなかいい仕事にありつけず、結局在宅仕事に落ち着いたといっていました。

 

 

今では、時間の融通がきくという点で良かったといっていますけどね。

 

 

在宅仕事をしている人の多くは、このように子育てや家事などにいそしんでいる主婦の人たちなんです。

 

 

いまや、在宅仕事は私たちの生活に必要不可欠な物になりつつあるのです。

ページの先頭へ戻る