在宅仕事を家族に理解してもらえる?

在宅仕事に携わっている人たちで、圧倒的に多いのは、なんといっても専業主婦の方々でしょう。
彼女達の大半が外へ働きに行きたいのに出てゆけない、だけど、少しでも家計の足しにしたいと思っています。

これを読んでいるあなたも、もしかしたらそのお一人でしょうか?もしも、これからはじめたいと思っている方なら、ちょっと待って!

 

 

きちんと家族の理解は得られていますか?なにせ、職場は、自宅の一室の一部、もしくはリビング丸々1室だったりするわけですから、その辺をご主人やお子さんに理解してもらわなければ、うまく行かない
かもしれませんよ。

 

 

もしも、在宅仕事を始めるにあたって、少なからず家族に犠牲を要するようなら、今ははじめる時期でないのかもしれません。

 

 

なぜなら、家族の理解をきちん得られていなかったことが原因で、せっかく良かれと思って始めたはずの在宅仕事が、家族間の不和を呼び込んでしまう場合だってあるんですから。

 

 

在宅仕事の性質上、すべて自分一人ですべての事を管理していかねばならないんですよ。

 

 

外へ働きに出るのと違って、公私の区別もつきにくくなります。

 

 

しかし、ご主人やお子さんにとってのあなたは、どこまでいっても妻であり、お母さんなのです。

 

 

在宅仕事をしていれば、どうしても納期は避けて通れません。

 

 

やむを得ず家事を後回してでも時間のやりくりをしなければならない事態が発生したら、あなたのご主人は、子供達は、どんな反応を示すでしょうか?

 

 

在宅仕事をいったん引き受けた以上は、一般常識として責任を持って仕事をこなしていかねばなりません。

 

 

そういう意味では、外へ勤めに行くのと同等以上の社会的責任をあなたは負っていることになります。

 

 

在宅仕事を安易に捉えていた方には、少々厳しい言い方になってしまったかもしれません。

 

 

しかし、プラスアルファのお金をたとえ小額でも稼ごうと思ったら、時には、大事な家族のための時間をも犠牲にしなければならないのだということを、あなたのご主人やお子さんによく理解してもらい、協力してほしいことを心をこめてお話しをしてください。

 

 

在宅仕事を始める上で、これは何にもまして最優先しなければならない問題です。

 

 

家族のための在宅仕事なのに、理解してもらえるどころか、逆に家族の大事なつながりを断ち切ってしまう引き金にでもなってしまったら、本末転倒もいいところです。

 

 

まずは、仕事をするための時間をあけること。

 

 

そして、家族の理解と協力をたとえ時間はかかっても必ず取り付けること。

 

 

在宅仕事を始める前に、必ずこれは実行してください。

 

 

さもなければ、あなたは近い将来、悲しい結果をよびこんでしまうかもしれませんから。

ページの先頭へ戻る