在宅アルバイトのここに要注意!!

在宅アルバイトを始めようと思ったら、初期費用を請求された、なんて経験ありませんか?
こういう業者は、注意が必要です。
それが、保証料であれ、登録料であれ、あるいは資格認定料であれ、在宅で働きたいと言うだけで、お金を要求してくるような業者は、決して信頼しないでください。

こういった会社のほとんどは、まず悪徳業者だと思ってまちがいありません。

 

 

スキルがないために、働きたくても在宅仕事が見つからないという、こちらの弱みに付け込んで、登録料だ、教材費だと、適当な名目を並べて多額な費用を平然と請求してきます。

 

 

彼らのねらいは、研修が終われば、高額収入が約束されている、即仕事につけるというふうに、ワーカー志望者へのお徳感をアピールしておいて、実はお金をせしめることなのです。

 

 

在宅仕事が回ってくるのは最初の1〜2回だけ。それで、信用させておいて、後は、連絡が取れなくなるというパターンとか、ひどいのになると、なかなかワーカー志望者を認定試験で合格させず、教材費だけがどんどんかさんでいくというパターンが多いですね。

 

 

仮に、わずかでも在宅仕事をした分だけ収入をもらえたとしても、最初に支払った費用の回収分には、とうてい足りません。

 

 

あるとき突然倒産の知らせが届いて、当然もらえるはずの収入が空に浮いてしまった、会社そのもが突然消えてしまった、というケースもよく聞きます。

 

 

働くのにお金がいるなんて、こんなばかげた請求をしてくるような業者は、初めから相手にしないこと。

 

 

最低限の知識として、スキルも実績もない人に、そうそうこちらに都合よく仕事は回ってこない、ということを頭に入れておいてくださいね。

 

 

彼らの手口は、ネットだけではありませんよ。

 

 

時々電話で勧誘してきますので、くれぐれもご注意を!!

ページの先頭へ戻る