在宅仕事とパート比較

在宅仕事に従事している方増えましたよね〜。これを読んでいるあなたも、そのお一人でしょうか?
今や在宅仕事は、私たちの生活には欠かせないものになってきつつありますよね?

でも、いったいぜんたい、パートへでるよりも在宅仕事をしたほうがいい点て、どんなことなのでしょうか?

 

 

在宅仕事を始めるきっかけというのも、実にさまざまです。

 

 

その辺をうまくまとめたアンケートの一例があるので、ご紹介しますね。

 

 

”自分を強く表現できる場がほしい”。という回答がありました。

 

 

これは、世の女性達でうなづいている人もたくさんいるのではないでしょうか?

 

 

特に家庭に一度入ってしまってからは、毎日子育てと介護と家事におわれてふと鏡に映った自分を見たら”わたし、なにをやってるんだろう・・・”なんて、呆然としてしまった経験ありませんか?

 

 

また、出勤時間のロスや面倒くささからも開放されますよね?時間的なロスという点は、どちらかと
いうとご主人のほうが納得していただけますかしら?

 

 

次に多かったのが”スキルアップしたい”と、いうものでした。これもうなづけますね。

 

 

特に、女性は、結婚して一旦家庭にはいってしまえば、OL時代の資格とか、高学歴など関係ありませんものね。

 

 

そういう意味で、寂しい思いをしている専業主婦の方も多いようです。

 

 

自分が好きなことや得意分野で、自分の才能を生かせる仕事がしたいと思っている人は確かに増えてきているのです。

 

 

こういう人の多くは、再び会社勤務という道を選ぶことはしません。

 

 

独立開業こそが進むべき道だと信じているのです。

 

 

より大きなスキルアップへつなげたいと思っている方は、より高度な技術とか特殊な知識を習得することによって、それも可能になります。

 

 

在宅仕事をこれらの特殊技術や知識を得るための準備期間だと思えばいいのです。

 

 

実際、元会社勤務をしていた人で、今は、結婚などで退職をして家庭に入ってしまったという方でも、もう一度社会との確かな接点がほしいと思っている方も少なからずいるのです。

 

 

在宅仕事は、そういった人たちの頼もしいツールにもなっているのです。

 

 

中には、子育てが大きなハンデになってしまって、仕事をしたいのになかなかいい就職口がみつからないという方も大勢います。

 

 

彼女達は、在宅仕事という選択肢しか残されていませんでした。

 

 

このように、在宅仕事のワーカーの主流を占めているのは、子育てや家事や介護で、まとまった時間が取れないという主婦の人たちなんです。

 

 

在宅仕事は、今や、私たちの生活の一部となりつつあるといえます。

ページの先頭へ戻る