主婦の在宅仕事はまず家族の協力から

主婦が在宅仕事を始めるにあたって、多いトラブルのひとつに、家族の無理解というのがあります。
せっかく家計を助けるために始めた在宅仕事なのに、それが、逆に家族の大事な絆を断ち切ってしまうとしたら、こんな悲しいことはありません。

かといって、超多忙な主婦の仕事の合間に、外へ働きに行くなんて事もままならない。

 

 

そもそも、在宅仕事の性質上、職場は自宅です。

 

 

大抵はリビングだったりとか、家の中の一室を使ったりするわけですから、ある程度は、夫や子供達に理解してもらい、協力を仰ぐ必要があります。

 

 

かりに強引にはじめたとしても、いづれはうまくいかなくなるでしょうね。

 

 

もしも、それが難しいというなら、少し、時期をみたほうがいいのかもしれません。

 

 

在宅ワークは、良くも悪くもたった一人の孤独な商売です。

 

 

会社勤務と違って、時間的なメリハリがありません。

 

 

公私の区別もあってないようなものです。

 

 

しかし、夫や子供から見れば、あなたは一日中家の中にいるのだから、当然家事はやってくれるものと考えます。あなたが、たとえ目前に迫っている納期にあせりまくっていたとしても、彼らの知ったことではありません。

 

 

でも、お分かりでしょうか?一旦引き受けた在宅仕事は、たとえどんな小さな仕事であれ、最後まで責任を持ってこなし、納期を守ることが、家計にプラスアルファの収入をもたらすための最低限のルールであると。

 

 

さもなくば、あなたの社会人としての資質が問われるだけではなく、今後二度と仕事は回してもらえないかもしれないのです。

 

 

それゆえ、時には家事を若干犠牲にせざるを得ない場合もあることを、ぜひ、夫や子供達にまずお話
しをしてください。

 

 

そして、協力と理解がほしいこと、これが家計を助けるためであることを一生懸命伝えてください。

 

 

そうして、夫と子供達が理解し、協力もすると約束を無事取り付けることが出来た時、はじめて0地点
に立てたことになります。

 

 

このことをなおざりにして、在宅仕事での成功など、決してありえないことを肝によく命じておいてください。

ページの先頭へ戻る