育児子育をしながらの副収入としての在宅仕事

「在宅仕事で副収入」というものも、今ではちっとも珍しくなくなりましたね〜。
では、皆さんは、どういうきっかけで始められるのでしょう?

たとえば、今の収入にプラスアルファの小遣いがほしいとか、少しでも、家計の足しにできれば、といったことまでさまざまです。

 

 

在宅仕事は余暇にこなして、普段はお勤めというパターンがやはり多いようですね。

 

 

在宅仕事の一番の魅力は、時間の融通がきくというところではないでしょうか?

 

 

運良く早く帰れたら、平日でもちょっとした合間に在宅仕事ができちゃいますよね。

 

 

また、”子供や家事に手がかかるので、勤めは無理!という主婦の方も圧倒的に多いです。

 

 

そもそも在宅仕事が持つイメージが、”主婦の私にも出来ました”というものですから・・・・。
(そういえばこんなキャッチフレーズ、よく見かけますよね)。

 

 

ただ、在宅仕事と一口に言いましても、企業側の立場にたって、あえて言うならば、現実はそう甘いものではないのです。

 

 

入ってくる仕事量は企業側の都合によるところが多いですから。

 

 

たまに、量を指定できる場合も多少はなくはないですが・・。

 

 

 しかし、在宅仕事を始める際に、まず聞かれるのは、ワーカーのスキルとか実績、経験だったりしますよね。

 

 

「無理です」と、言ってしまえばそこまで。報酬も期待できません。

 

 

「どうせ、小遣い程度だし・・・」と、あいまいな考えは厳禁です。

 

 

在宅仕事は、続けなければ意味がないのだということを学んでください。

 

 

在宅仕事のために、自分だったら一日にいったいどれだけ時間を費やせるのか。

 

 

まず、そこから考えてみたらどうでしょうか?

 

 

空いた時間にやればいいという発想は切りすててください。

 

 

在宅仕事のために、”時間をあける”というふうに、頭を切り替えましょう。

ページの先頭へ戻る