在宅仕事のメリット

在宅仕事は、自宅を利用しながらマイペースで仕事ができるという気楽さがある反面、常駐ワーカーにはない厳しさもあり、どちらがいいか、合否はつけがたいものがあります。

では、在宅ワーカー達は、何が良くて在宅仕事を選んだのでしょうか?

 

 

理由は各人さまざまあるでしょうが、アンケートを取って結果をまとめたところ、ざっとこんな結果になりました。

 

 

1、自己表現手段として 

 

 

2、スキル向上のため 

 

 

3、独立開業のため 

 

 

4、社会との接点がほしかった 

 

 

5、再就職手段として

 

 

すべてうなづけますね?

 

 

在宅仕事をしている人の7割強は、育児や介護で忙しい専業主婦です。

 

 

このご時世ですから、物価高や給与カットに対処するための1手段として、副業としての在宅仕事を選択する人は増えていってます。

 

 

今は、日中、通常勤務をこなしている会社員やOLたちにまで、副業としての在宅仕事の人気は浸透しつつあります。

 

 

彼らにとっての魅力は、時間的な自由やプラスアルファの収入もさることながら、わずらわしい人間関係からも開放されるという点もあるのです。

 

 

実際、在宅仕事に向いているといえば、責任感はあるが、他人とうまくコミュニケーションが取れにくいという人かもしれません。

 

 

今後ますます需要がのびていく分野といえるのではないでしょうか?

ページの先頭へ戻る