テープライターの在宅仕事

パソコンを使わない仕事として、テープライターという仕事があります。
とはいっても、インターネットは使いませんが、パソコンがあった方が便利であることは確かです。

これはテープなどに吹き込まれた音声を聞いて、テキストにするという在宅でできる仕事です。
会議や後援会、インタビューなど、音声をテキストに起こす作業で、60分ぐらいで1万円以上の報酬になると思われます。
聞き取りながらパソコンに入力するもよし、手書きするも良しで、パソコンが苦手な人でもできますが、公立よく茂宛行くにはそれなりの技術と敬啓が必要になるので、誰でも出来る仕事ではありますが、直ぐに誰でも始められるという仕事でもありません。
通信教育講座でテープライターの講座がありますので、実際にスキルを学ぶには講座などを利用するといいでしょう。

>

ただし、この仕事の受注する事自体はどのようにするのかは問題ですね。
方法としては、テープ起こしの業務をしている業者がねっどじょうで調べられますから、そこで在宅の仕事が内科問い合わせてみるという方法です。
もう一つ、テープライターの講座を持っているがくぶんという通信教育会社が、講座終了後ある程度仕事の紹介などもしてくれるようでもありますので、講座の資料請求などわしてみるといいでしょう。

ページの先頭へ戻る