在宅開業の有利、不利

現在、SOHOまたは在宅仕事で収入を得ている人の半数以上が女性で、しかもそのまた半数が子育てに終われている主婦であるというふうに言われています。

彼女達は、超多忙な子育てや介護の合間にも、なんとか家計にプラスアルファの収入がほしいと考えているのです。

 

 

そのほか、昼間はOLやサラリーマンだという人まで、仕事が終わった後だとか、週末などを利用して在宅仕事をやっていたりします。

 

 

物価の高騰、給料は横ばいもしくは下降気味、明日はどうなるか分からないといった、今のご時世では、派遣や契約社員で、労働の割には収入が少ない現実に甘えているよりも、いっそのこと独立開業して、自分の好きな道で収入を増やせたらと考えるのももっともです。

 

 

独立開業を考える人の多くは、特殊技術や高度な知識という、いわゆる高いスキルを兼ね備えた人た
ちです。

 

 

では、独立した場合、そのメリット、デメリットはどこにあるのでしょうか?

 

 

まず、メリットとしてあげられるのは、なんといっても自分の時間が自由に使えるということでしょうね。

 

 

職場は自宅ですから、通勤時間等のロスからもストレスからも開放されます。

 

 

たった一人の作業なので、上から管理されることも、わずらわしい人間関係もありません。

 

 

特に自宅開業の場合でしたら、店舗も事務所も必要ありませんから、そういった余分な経費もかかりません。

 

 

独立後、うまくいかないことがあっても、最小限の痛手ですみます。

 

 

では、デメリットはなんでしょうか?

 

 

自宅を開放しているということは、資金が小額である反面、プライベートな部分をクライアントやパート社員に見られてしまう可能性もありうるということです。

 

 

打開策としては、レンタルオフィスなどを利用するという手もありますね。

 

 

具体的に、ビジネスなどは、ネットで検索すると学習塾、アフィリエイトなど、いろいろ出てくるのでぜひ検索してみてください。

ページの先頭へ戻る