副業の前に転職も検討すべき

年金を20万円以上ももらっても、2000万円足りないと言う金融庁のレポートが話題になっています。実際2000万円の貯蓄をすることができる人なんて、そうはいないはずです。だから、収入を増や差無ければならないと思う事になります。副業や在宅ワークで収入を増やすという考え方は、消して間違ってはいないと思いますが・・・ただ誰でも副業をすることがベストな選択肢であるとは限りません。副業のための時間はあるのか?...

Read More
dummy
失業手当の給付率とは(会社都合と個人都合)

失業してから支給される失業保険給付は、勤続日数、退職理由、被保険者加入期間などが基本になっています。退職理由は、倒産や解雇といった会社都合による場合と、自主退職などの個人都合による場合と、人によって代わってきますよね。些細な事で自ら退職してしまう流れ者のような人よりも倒産や解雇といった会社都合による失業の方が、また短期間で居なくなるよりはできるだけ長期勤務した人の方が、制度上優遇される形になってい...

Read More
dummy
早期就職支援センターとは

一人でこつこつ就職活動するのもいいでしょう。はじめの1歩は小さくとも、ちりも積もればなんとやら〜。いつか努力が実を結んできっと最適な職場といい仲間に出会えることでしょう。もしもあなたが雇用保険の受給者で、今現在も受給中なら、早期就職支援センターを活用するという手段を選ぶ自由があります。もちろん早く就職したいと本気で希望するならですが。雇用保険は延々と受給できるわけではありません。失業保険しかり。

Read More
dummy
ハローワークの役割

ハローワークとは、職業安定所の愛称です。国が管轄する公的機関です。どういうことをするところかというと、各市長村に1〜2箇所設置されていてメーンは、無料の職業紹介ですが、失業給付の支給、雇用保険事業の実施も行っています。雇用保険事業は事業主の事業安定を目指した、さまざまな行事を行っています。たとえば、最近でしたら、パソコンを使った事務処理の技術を磨くなどの職業訓練事業や営業不振の中小事業の雇用調整を...

Read More
dummy
ハローワークでの職探し

仕事が見つかるまで何度も通いながら適職を探す毎日。今となっては良く見かける光景となりました。かつての不景気で暗いイメージはありません。40代〜50代のまだまだ油の乗った中高年男性はもちろん、20代?と思える若い女性の姿も多数みかけるようになりました。全国で派遣会社が数多く生まれているにもかかわらず、やはり職探しの定番は職安=ハローワークという位置づけは衰えていないようです。派遣会社は頭数をそろえな...

Read More
dummy
職業訓練と受給延長

失業給付の認定を受ける最低条件は、”再就職への熱い思い”を担当者に感じてもらうことです。逆を言えば、再就職の意思、働きたい気持ちがさらさらないのにもかかわらず、失業保険の給付金だけを”受給逃げ”していた事がばれたら、受給額の3倍以上の罰金の支払いをこうむることになりますよという事です。ですから、失業保険受給請求をする前によーく自分の気持ちと相談してみましょう。

Read More
dummy
再就職手当と就業手当

もしも失業中の人が失業保険受給中に、晴れて再就職できた時には、失業保険から祝い金が出るんです。知ってましたか?なかなか味なことをやると思うでしょう?解雇や倒産などという理由で、まだこちらの気持ちの整理もつかぬ間に職を失うこと、それは本人もつらいけれど家族にとってもどれほど大きな心の負担となっていたことでしょう。それをあきらめずにがんばりぬいた自分自身の賢明さへの国からのご褒美だと思って、ありがたく...

Read More
dummy
ヤングハローワークとは

国が行っている雇用保険事業の一つにハローワーク(公共職業安定所)があり、全国民に雇用サービスを無償で行っています。事業所内は常に満員状態パソコンで300件前後の求人情報を閲覧、斡旋サービスを受けることができます。失業給付や事業主向けに雇用の調整も行っています。同じ施設内に学生や35才以下の若者向けの職業紹介所を別枠で隣接しているところも増えてきました。

Read More
dummy
失業手当をもらうには

不幸にも失業してしまったら便りになるのはなんといっても失業手当。次の職を見つけるまでの当座の生活費をとにかくも確保していかなければならないのですから。ハローワークは就職斡旋だけではありません。こうして失業してしまった人たちへ失業給付を支給するためのお手伝いや手続きをもになっているのです。失業手当を受給するためには、一定の条件をクリアする必要があります。

Read More
dummy
受給手続きと受給期間

受給率は最低半額、最高にもらっても8割程度ですので、次の仕事が見つかるまでは家系的に少々きついと感じるかも知れません。しかし失業手当て給付の趣旨を考えたら、これでもかなりの優遇処置と考えていいのではないでしょうか?また、請求したから即日支給されるわけではありません。解雇や倒産による失業なら1週間程度の執行猶予が与えられますが、自主退職である場合は3ヶ月以上は空白時間を覚悟してください。

Read More
ページの先頭へ戻る