ハローワークの役割

ハローワークとは、職業安定所の愛称です。国が管轄する公的機関です。

 

 

どういうことをするところかというと、各市長村に1〜2箇所設置されていてメーンは、無料の職業紹介ですが、失業給付の支給、雇用保険事業の実施も行っています。

 

 

雇用保険事業は事業主の事業安定を目指した、さまざまな行事を行っています。

 

 

たとえば、最近でしたら、パソコンを使った事務処理の技術を磨くなどの職業訓練事業や営業不振の中小事業の雇用調整を行ったりなど、勤労者と事業主と両方の立場に立ちながら、両者の雇用関係がスムーズに行くように仲立的な役目をになっているといえます。

また、就職の斡旋はもちろんですが、これから再就職にむけて再出発をしようとしている人々を支援していく事業も大事な要素として行っています。

 

 

基盤は雇用保険サービスですが、失業してしまった人々の最低所得保障としての役目もになっています。

 

 

事業所内には常に最新の求人情報が用意されていて、無料で閲覧できるようになっています。

 

 

閲覧するのは無料ですが、希望の求人票へのアクセス、推薦を受けたいなら、まず利用したい事業所に無料の求人登録をしなければなりません。

 

 

求人登録は、その事業所での利用登録ですから、他の事業所と重複登録することも可能です。

 

 

ただ、所在地が各市長村でも網羅している範囲が都道府県全域に及んでいることは全事業所共通ですので、事業所を変えたから極端に情報量や内容が替わるといったことはないです。

 

 

またIT時代を反映して閲覧方法にコンピューターを取り入れたところがほとんどです。

 

 

係員のところへ行って使用可能なコンピューターの登録番号札をもらい、同じ番号札のコンピューターを借りて、求人登録された職業案内を検索できます。

 

 

常に300件前後の事業所が閲覧できます。5件まで希望職を選択できます。

 

 

それを相談窓口へ申請し、希望事業所との間を取り持ってくれるほか、その事業所や職務に関連した情報やアドバイスを得ることができます。

 

 

また、解雇を伴った事業主と労働者との間の関係がこじれた時の関係の調整としての役目もになっています。

 

 

こうした相談は本来は労働基準監督署の管轄ですが、まず離職票の請求をハローワーク経由で事業所へ請求したりなどの雇用失業対策に根ざしたサービスも一部行ってくれます。

 

 

最近は不景気が繁栄してか、どの事業所もさまざまな年齢層の男女で常にあふれています。求職で訪れても、何時間も待たされることもざらです。

 

 

ハローワークは、こうした事業や業務の窓口として国民に総合的な雇用サービスを提供しています。これからますます需要が激化していく分野でもあります。

ページの先頭へ戻る