ハローワークでの職探し

仕事が見つかるまで何度も通いながら適職を探す毎日。今となっては良く見かける光景となりました。かつての不景気で暗いイメージはありません。

 

 

40代〜50代のまだまだ油の乗った中高年男性はもちろん、20代?と思える若い女性の姿も多数みかけるようになりました。

 

 

全国で派遣会社が数多く生まれているにもかかわらず、やはり職探しの定番は職安=ハローワークという位置づけは衰えていないようです。

 

 

派遣会社は頭数をそろえないと運営がはかゆかないといったシステムがあるために、登録だけして後はさっぱりといったことや、時として少々行過ぎた斡旋事業が社会問題になったりするなどの民間の一般事業としてのデメリットがありますが、ハローワークは非営利の公的機関という強さがありますよね。

最近は何らかの理由で事業所まで直接来所できない人のために、自宅でインターネットを使いながら職探し・アクセスができるようになりました。

 

 

職員による援助を希望する場合は求職登録する必要がありますが、職員を通過せず直接企業へアクセス・面接から内定まで自分でやる場合は、未登録でも利用可能です。

 

 

しかし、企業側も採用するなら、より身元がはっきりした信用のできる人に来てもらいたいと考えるのは自然です。

 

 

職員を通したらハローワークがバックについてくれるので、できれば登録しておいた方が後々の転回に有利ではないでしょうか。

 

 

登録・求人の工程は、直接ハローワークを訪れた場合と一緒です。ただ職員がいるかいないかの違いだけです。

 

 

はじめに希望する地域、希望月収又は希望時給、希望する形態(長期かパートかなど)、希望休日、希望職種など、自分なりの志望内容を設定します。

 

 

そして検索し、めぼしをつけた求人企業の詳細を確認し、面接を希望するなら直接アクセスか、ハローワークを訪れて職員から先方へ連絡してもらいます。

 

 

そこから先は自分の裁量しだいです。

 

 

最近の傾向としては、介護福祉士や社会福祉士、看護士などの求人が圧倒的に多いようです。

 

 

事務系は、職務経験がある人でないと難しかったりなどのその職務に関した要件などもさまざまあるようですね。

 

 

こういった求人に関連した最新情報などを知る事もできるのが、ハローワークのポイントでもあります。一人で悩まないで、気楽にハローワークを訪れてみまよう。

ページの先頭へ戻る