副業の前に転職も検討すべき

年金を20万円以上ももらっても、2000万円足りないと言う金融庁のレポートが話題になっています。

 

実際2000万円の貯蓄をすることができる人なんて、そうはいないはずです。

 

だから、収入を増や差無ければならないと思う事になります。

 

副業や在宅ワークで収入を増やすという考え方は、消して間違ってはいないと思いますが・・・

 

ただ誰でも副業をすることがベストな選択肢であるとは限りません。

 

副業のための時間はあるのか?

副業をするだけの時間があり、体力と精神力が残っている状況でなければ、現実的には不可能です。

 

毎日残業で帰りが遅い、体もきついとなれば、そこに副業を無理矢理入れても、続きはしません

 

けして、副業をなめてはいけません。そんなに簡単に収入が得られる訳ではないのです。

 

量をこなす仕事か、アイディアと時間の必要なネットビジネスなどが、今人気となっていますが、

 

成功している人はほんのわずかと言って良いでしょう。

 

転職することが副業にもつながる?

もし会社の労働環境に問題があって、副業もできないような状態であれば、

 

先に考えるべきは転職であると思います。

 

もしろん転職で収入が増えればそれにこしたことはありませんが・・・

 

たとえ年収が下がったとしても、体と時間に余裕が作れる様な転職であれば、

 

自宅で副業をする時間が取れる様になるわけですから、結果的に年収が増える事になるでしょう。

 

転職で忙しい職種から、きちんと休みが取れて、残業を減らせる様な職種へ転職できたら、

 

その分ものを考えたり知識を身につけたりする時間が取れて、それが副収入につながり、

 

年収アップにつながることになるのです。

 

例えば、年末年始も、連休休みも休めないような職種、小売業などであれば、

 

他の製造業や営業職に転職を考える等すべきだと思います。

 

「今の職種の違うものに転職するのは無理じゃない・・・」と考える人もいるかと思いますが、

 

けっしてそんな事はなく、方法と情報があれば、難しいことではないのです。

 

実際にこちらに、小売業から転職する方法について、書かれているサイトがあります。

 

こちらを参考にすれば、十分転職は可能だと言うことが分かるでしょう。

 

転職と副業のまとめ

 

収入がもっと欲しい=副業という直接的な考え方でなく、その前に転職を考える事が必要な事例も多くあります。

 

あなた自身の今の環境をよく考えて、最終的に収入をアップするにはどうしたら良いのか?

 

また、特に今の、仕事自体に不満なら転職してから副業するという順序での検討も必要です。

 

そのことをじっくり考えてみることをおすすめします。

ページの先頭へ戻る