脱毛に必要な基礎知識

良くある脱毛サロントラブル回避のために

キャンセルとキャンセル料金について

脱毛の料金は安いに越したことはありませんが、実はコースやパックの料金が安いだけで選ぶと、実際にトータルで損だったというこしもありえるので注意したいのがキャンセル料です。たとえば、ミュゼは予約をキャンセルしても、キャンセル料金がかかりません。しかし、安い脱毛サロンでは、施術は安いけれど、キャンセル料金がかかるところがおおいです。例えば、キャンセルを知らせた場合1000円、無断でキャンセルした場合1000円。
またキャンセルした場合、1回分を消費したことになったりするところもあります。生理などでどうしても施術できない場合であっても、1回分消費したことにされるのは悔しいですから、キャンセル料金は仕方がないとしても、コースなどで支払った1回分が無駄になるような契約でないか確認しておきましょう。

遅刻すると施術してもらえない

混雑している脱毛サロンにとって時は金なりですが、10分遅刻しただけでもう施術してもらえないとかいう厳しいサロンもあります。交通機関が遅滞で証明書を発行してもらっていっても、遅刻を許してもらえないなサロンなどもあるようです。また同じサロンでも店舗によって、遅刻に対するあつかいが違ったりする場合もあるので注意しましょう。

シェービングについて

脱毛はやすいのに、シェービングしていっても、シェービング代を毎回取られるというサロンもあります。また、シェービングサービスはなくシェービングできていないところは、光を当ててもらえないとか、シェーバーを購入しなければいけないなど、シェービングは色々なトラブルややな思いをすることがあるので、事前に確認しておきましょう。

メモとサインをもらう

担当者が代われば、いう事が変わります、店舗を変われば言う事がかわってしまう。そういう例は必ずあり、いやな思いをすることがあります。
重要なことは、メモして、そのメモに担当者のサインをもらっておきましょう。「前、こういわれたのに・・・」といっても、「もうそのスタッフはいませんので」と言われたらたまりません。

解約料金について

どこのサロンでも、一括払いを勧めることがおおく、その分の特典もあったりします。消費していない分は、途中解約した場合料金が返されるというと安心してしまいますが。実は変な計算をするサロンもありますので注意してください。コースの回数が何回でも、同じ数で割った残りだったり知る場合があり、理不尽な計算方法になっている場合があります。
途中解約した場合の料金の計算方法についてしっかり確認しておかないと悔しい思いをする可能性があります。

脱毛知識まとめ記事一覧

予約キャンセルの罰則が厳しすぎる脱毛の料金は安いに越したことはありませんが、実はコースやパックの料金が安いだけで選ぶと、実際にトータルで損だったというこしもありえるので注意したいのがキャンセル料です。安い脱毛サロンでは、施術は安いけれど、キャンセル料金がかかるところがおおいです。例えば、キャンセルを知らせた場合1000円、無断でキャンセルした場合3000円などといった具合です。またさらに厳しい場合...

光脱毛脱毛の痛み一番痛くない脱毛方法が光脱毛ですが、光脱毛の種類はたくさんあるので、その差も結構あります。とても冷たいジェルで冷却した痛みを抑えるとか、脱毛器自体が冷却されていた痛みを抑えるなどの方法があります。ジェルを使わないタイプの方が痛みは強いようです。それでもレーザー照射わりは痛みは少ないでしょう。ただしVIO脱毛や顔などは結構痛いかもしれません。ゴムではじかれるような痛みとよく言われます...

基本的に、メラニンなど黒い色素に集まる光を当てて、熱を発生させて毛根の周囲組織を破壊し、生えて来ないようにする光脱毛共通の原理です。これはレーザーも基本時に同じですが、レーザーは光を収束させて、増幅させたものになりますので、光脱毛とは区別するのが一般的です。S.S.C、ILP、フラュシュ脱毛、プラズマ脱毛、コスモライト脱毛など色々開発したところが独自の名前をつけているのでとても分かりにくくなってい...

page top