こんな脱毛サロン、脱毛クリニックは選んではだめ

良くある脱毛サロントラブル回避のために

予約キャンセルの罰則が厳しすぎる

脱毛の料金は安いに越したことはありませんが、実はコースやパックの料金が安いだけで選ぶと、実際にトータルで損だったというこしもありえるので注意したいのがキャンセル料です。

 

安い脱毛サロンでは、施術は安いけれど、キャンセル料金がかかるところがおおいです。

 

例えば、キャンセルを知らせた場合1000円、無断でキャンセルした場合3000円などといった具合です。

 

またさらに厳しい場合は、キャンセル自体ができず1回脱毛分を消費したことになったりするところもあります。

 

これは生理などでどうしても施術できない場合であっても関係なく取り扱われるので、理由で回避できるわけではありません。

 

同じ脱毛サロンでも月額制と回数パックではこのキャンセル取り扱いが異なる場合もあるので注意してください。

 

あまりにキャンセルの取り扱いについて不利になるような規定がある脱毛サロンや脱毛エステ、脱毛クリニックは選んではいけません。

 

遅刻すると施術してもらえない

混雑している脱毛サロンにとって時は金なりですが、10分遅刻しただけでもう施術してもらえないとかいうクリニックやサロンも存在するのです。

 

交通機関が遅滞で証明書を発行してもらっても、次の予約があるので絶対に許さないというところも存在します。

 

また同じサロンでも店舗によって、遅刻に対するあつかいが違ったりする場合もあります。

 

あまりに遅刻の取り扱いについてダメージが大きい規定があるところは回避しましょう。

 

またカウンセリングの時にしっかりと聞いておきましょう。

 

シェービングについて

脱毛料金は安いのにちゃんと自分でシェービングしたつもりで通っていても、そり残しが少しでも見つかれば料金を3とるというところがあります。

 

どんなにやっても毎回とるので、もうわざとそれで稼いでいるとしか思えなくなったという人もいのすので、そういう評判の悪いところはやめましょう。

 

また、有料ではなく、そり残し部部は照射をしてもらえないというところもあります。

 

照射してもらうために、4千円近いシェーバーを定価で購入しなければいけないというところもあります。

 

せめつ自分で剃れない部位ぐらいは有料でもシェービングサービスを提供しているところがいいですね。

 

あまりにそり残しについて厳しい対応がある脱毛サロンやくくりニックは契約を避けたいところです。

 

HPの宣伝プランは契約させない

HPで堂々と宣伝しているプランがあって、それを目当てに来たのに、他のコースしか勧めないところがあります。

 

それでもこちらが主張すればすんなりと契約できるならまだいいですが、絶対させないように持って行くところは契約すべきではありません。

 

最初から偽りありのところということですから、そんなところは信用できません。

解約方法について説明しないところ

最初の契約の時に、解約の方法や、脱毛でトラブルが発生した場合の保証、返金の方法や計算方法についての説明を機ツンとしないところはバツです。

 

そんな重要な説明をはしょったり、読んでおいてくださいですませるところは、万一の時良心的な対応がされるとは思えません。

 

 

page top