脱毛の痛みについて

脱毛の痛みは脱毛方法で異なる

光脱毛脱毛の痛み

一番痛くない脱毛方法が光脱毛ですが、光脱毛の種類はたくさんあるので、その差も結構あります。

 

とても冷たいジェルで冷却した痛みを抑えるとか、脱毛器自体が冷却されていた痛みを抑えるなどの方法があります。

 

ジェルを使わないタイプの方が痛みは強いようです。

 

それでもレーザー照射わりは痛みは少ないでしょう。

 

ただしVIO脱毛や顔などは結構痛いかもしれません。

 

ゴムではじかれるような痛みとよく言われます。

レーザー脱毛の痛み

ニードル脱毛に比べれば痛くない脱毛方法ですが、その痛みは結構あります。

 

特に敏感な部位では、涙ぐむほどいたいでしょう。

 

そのため麻酔などが用意されていて、麻酔を選択することもできます。

 

ただし、その分料金も高くなってしまいます使わない女性の方が多いようです。

 

永久脱毛言われるのは、医療機関でしか施術できない行為で、レーザー脱毛がそれに当たります。

 

そのため医療機関だからこそ麻酔を利用できるというこしもいえます。

 

最近は直接毛根を破壊するのではなく、そのすこし上にあるバルジ領域を破壊するという考え方の蓄熱式といわれる脱毛機も登場しています。

 

出力を押さえられるので、少しだけ痛みは弱くなりますが、それでも光脱毛よりは痛いです。

 

普通のレーザー脱毛は、光よりもさらに強くゴムではじかれる痛みです。

 

蓄熱式の場合は、直ぐに痛くならないのですが、じわじわ痛みがきます。

 

この痛みは熱い刺すような痛みで、これはこれでとても痛いのは間違いありません。

 

またまだ脱毛効果は未知数なので、使っていないところもあります。

ニードル脱毛=電気針脱毛の痛み

一番痛いと言われる脱毛方法でかなり昔からあります。

 

実績が一番多いのはこの脱毛方法ですが、あまりに痛く料金も高いので今はほとんど使われていません。

 

この手法はその場で毛が抜けて、二度とその毛穴からは生えなくなるというメリットがあります

 

老舗のエステサロンや、一部の医療機関でしかやっていません

痛くないというのは嘘

脱毛のカウンセリングで痛くないというのは嘘です。

 

全然痛くないとか、人によって、痛みを感じる人もいるとかいいわけを言いますが、そんなの嘘っぱちです。

 

絶対痛いに決まっています。

 

ごくまれに、光脱毛で部位によっては痛くな買ったという人もいます。

 

ただしそういうのはごくまれです。

 

逆に痛いですという、脱毛クリニックや脱毛サロンの方が信用できます。

 

いたかったら全額返金なんてところもあるようですが、途中で痛くてやめた人だけ返金だそうです。

 

痛くても耐えてしまったら、返金してくれないのです。

 

こういう嘘を言うところではけいやくしてはいけません。

 

蓄熱式だから痛くないとか、最近はレーザー脱毛機だけでなく、光脱毛機でも蓄熱式が出ているようですが、

 

痛くないわけではありませんのでだまされないでください。

痛くない脱毛は効果がない

レーザー脱毛でも、光脱毛でも、ニードル脱毛でも、行くテイル細胞を破壊してて脱毛する仕組みです。

 

だから、絶対痛いに決まっています。

 

痛くなかったら細胞が破壊されていません。

 

つまり脱毛ができないってことです。

 

脱毛の新しい仕組みでもできない限り、破壊するという脱毛方法で痛くなかったら、それは効いていないと言うことです。

page top